冬のスキンケア~乾燥肌にもニキビはできる

冬は肌の乾燥が激しくなる季節です。寒い時期は肌の表面はカサカサになり、潤いが不足しがちです。肌の新陳代謝が鈍ることで肌のターンオーバーも乱れてしまうことがあります。

乾燥しやすい季節であれば、肌の老化というトラブルも起こることになります。そんなときには夏場に使っていたものとは違う、乾燥肌向けの化粧品を使うのもおすすめです。

スムーズにお肌の老廃物が排出されなくなってしまう原因は、お肌には水分だけではなく油分も必要だということを失念しているからにほかなりません。肌トラブルを改善するための効果が得られないのには、お肌が油分や水分をキープしにくい状態が影響していることもあります。

冬は気温が不安定で湿度も低い季節ですから、乳液でしっかりと水分が蒸発しないように保護をすることが大事なことです。

「肌トラブルは乾燥によって起こる」

洗顔後の肌ケアが化粧水だけでは、十分にケアできているとは言えません。まず乳液をつけてから化粧水、そしてまた乳液をつけるという方法がおすすめです。試してみてください。

多くの人がストレスが原因の肌トラブルに悩んでいるといいます。
ストレスが溜まると自律神経が乱れて、それが肌にも大きく影響してきます。ニキビの発症原因にストレスが関係しているというのは有名な話です。特に大人になってからのにきびに関係が深いと言われています。

上手にストレスを解消しなければ、そのことが意識しないうちに体に影響を与えるしまうでしょう。ストレスによってニキビという肌トラブルが起こり、シミやシワも増えてしまうことになるのです。

正しい洗顔方法で美肌を保つ

2016-08-29_103124

メイクや皮脂汚れが肌に残っていると、汚れが毛穴に詰まってニキビや黒ずみ毛穴の原因となるので、毎日の洗顔が美肌を保つためには大切です。しかし、洗い過ぎや間違った洗顔方法は肌を傷つけて肌トラブルを招きます。では、どのように洗顔をしたらいいのでしょうか。

手には雑菌や汚れが付着しているので、まずは手を洗って清潔にします。手を洗うことで洗顔料の泡立ちがよくなる働きもあります。洗顔料はよく泡立てて使用します。泡が少ないと手が顔に触れて摩擦が生まれ肌を傷つけるので、よく泡立て泡をクッションにして洗います。皮脂分泌が多いTゾーンから洗い、乾燥しやすい目元や口元は泡をのせる程度にします。

長時間洗顔をしていると潤いまで奪われてしまうので、すすぎも入れて1分以内に洗顔を終えましょう。乾燥肌は洗い過ぎないように気をつけてください。熱いお湯は潤いを奪ったり肌を傷つけるので、すすぎのお湯の温度は34℃くらいです。髪の生え際やあごはすすぎ残しをしやすいので、特に丁寧に洗い流してください。最適でも20回はすすぎます。

洗顔後は清潔で柔らかなタオルを顔に押し当てるようにして水気を拭き取ります。ゴシゴシこすると肌を傷つけるので、こすらないように気をつけましょう。

最悪!シミとソバカスが混在して見分けがつかない

10代のころはチャームポイントだと褒めてもらったこともあるのが頬のソバカスです。20代では少し気になり始めましたがお化粧をすればカバーできたので、思いついた時にビタミンCの錠剤を飲む程度で放置していました。ところが30代、40代と年を重ねるにつれて、白い肌に薄く浮いていたソバカスの色は濃くなりシミまで混在する有様です。

最早、どれが元々のソバカスで、どこからが新たなシミ、ソバカスなのか見分けがつきません。大きめなのはシミだと区別できるだけです。

さらに肌全体がくすんできたので、何となく顔色が暗くなってしまいました。こうなるとファンデーションは厚塗りになり、厚塗りしてもカバーできないシミとソバカスは一層黒っぽく目立ってしまいます。ビタミンCのサプリなどは気休めにもなりません。

2016-07-31_165627

ここ数年はネットで調べたり、ドラッグストアで美容部員に相談して色々なクリームやジェルを試しています。しっかりと効果を確認するために頬部分を自撮りして記録を残していますが、肌に合わなかったりした商品も多々あります。

節約中の身の上としてはプチプラであるほど有り難いのですが、残念なことに効果を実感できた商品はありません。
少し手応えを感じているのはハイドロキノン配合のクリーム類です。なかでも一番気に入った商品はサンプルを使い終えた段階で「いける!」と感じました。でも、とても高くて1ヶ月に2万円もかかります。

最初は清水の舞台から飛び降りる覚悟で買いましたが、2回目3回目ともなると家計にも大きく響きます。何となく敷居が高いので皮膚科でのレーザー治療は敬遠していましたが、毎月2万円もかかることを思えばかえって安上がりかもしれません。肉割れを消すクリームとレーザー治療、どちらを選ぶかで女心は揺れています。

ブルーベースの私に似合うメイクを模索中です

肌のパーソナルカラー診断を受けました。カラー診断では私はブルーベースで季節では冬ということでした。

2016-07-31_165134

似合う色はブルーベースなので、ブルー系はもちろんのこと、黒や白なども似合うということでした。メイクでいうと、ベースはちょっとピンクがかったファンデーションの方がいいということです。アイシャドウはブルー系やシルバー系などが似合うと言われました。チークもコーラル系やレッド系よりもピンク系が似合うということで、持っているコーラル系のチークが似合わない理由がよくわかりました。口紅もどちらかというと青みがかったピンクが似合うそうで、似合わないのはオレンジ系の色だということでした。

言われてみると、私はオレンジ系の口紅は持っていなくて、試し塗りした時に似合わないというのがわかっていたようです。ピンク系は好きな色なので、たくさん持っていますが、特に青みがかったピンクやボルドー色などが顔に映えると言われて、早速ボルドー色の口紅を買いました。

顔にはブルーベースとイエローベースがあって、それぞれ似合ういるがあって、その通りに色選びをすると顔がパッと明るくなるので、自分の色を知っているのはとっても便利なものです。

新しいメイクが発売になった時にも、ブルーベースににあう色を選んで買うようにしていて、そうなると色選びで迷わずに済むので、すごくいいです。

ブルーベースは肌が色白の人が多くて、どちらかというと白人のような感じなので、ビビッドなピンクなどが似合うのです。ショッキングピンクの口紅だとかも似合うようで、モノトーンのアイシャドウなども似合うのです。特に顔に特徴を与えるチークの色はとても大切で、似合うピンク色のチークを早速買いました。

紹介リンク
妊娠線 消す | できた妊娠線をあきらめたくない女性へ