冬のスキンケア~乾燥肌にもニキビはできる

冬は肌の乾燥が激しくなる季節です。寒い時期は肌の表面はカサカサになり、潤いが不足しがちです。肌の新陳代謝が鈍ることで肌のターンオーバーも乱れてしまうことがあります。

乾燥しやすい季節であれば、肌の老化というトラブルも起こることになります。そんなときには夏場に使っていたものとは違う、乾燥肌向けの化粧品を使うのもおすすめです。

スムーズにお肌の老廃物が排出されなくなってしまう原因は、お肌には水分だけではなく油分も必要だということを失念しているからにほかなりません。肌トラブルを改善するための効果が得られないのには、お肌が油分や水分をキープしにくい状態が影響していることもあります。

冬は気温が不安定で湿度も低い季節ですから、乳液でしっかりと水分が蒸発しないように保護をすることが大事なことです。

「肌トラブルは乾燥によって起こる」

洗顔後の肌ケアが化粧水だけでは、十分にケアできているとは言えません。まず乳液をつけてから化粧水、そしてまた乳液をつけるという方法がおすすめです。試してみてください。

多くの人がストレスが原因の肌トラブルに悩んでいるといいます。
ストレスが溜まると自律神経が乱れて、それが肌にも大きく影響してきます。ニキビの発症原因にストレスが関係しているというのは有名な話です。特に大人になってからのにきびに関係が深いと言われています。

上手にストレスを解消しなければ、そのことが意識しないうちに体に影響を与えるしまうでしょう。ストレスによってニキビという肌トラブルが起こり、シミやシワも増えてしまうことになるのです。