最悪!シミとソバカスが混在して見分けがつかない

10代のころはチャームポイントだと褒めてもらったこともあるのが頬のソバカスです。20代では少し気になり始めましたがお化粧をすればカバーできたので、思いついた時にビタミンCの錠剤を飲む程度で放置していました。ところが30代、40代と年を重ねるにつれて、白い肌に薄く浮いていたソバカスの色は濃くなりシミまで混在する有様です。

最早、どれが元々のソバカスで、どこからが新たなシミ、ソバカスなのか見分けがつきません。大きめなのはシミだと区別できるだけです。

さらに肌全体がくすんできたので、何となく顔色が暗くなってしまいました。こうなるとファンデーションは厚塗りになり、厚塗りしてもカバーできないシミとソバカスは一層黒っぽく目立ってしまいます。ビタミンCのサプリなどは気休めにもなりません。

2016-07-31_165627

ここ数年はネットで調べたり、ドラッグストアで美容部員に相談して色々なクリームやジェルを試しています。しっかりと効果を確認するために頬部分を自撮りして記録を残していますが、肌に合わなかったりした商品も多々あります。

節約中の身の上としてはプチプラであるほど有り難いのですが、残念なことに効果を実感できた商品はありません。
少し手応えを感じているのはハイドロキノン配合のクリーム類です。なかでも一番気に入った商品はサンプルを使い終えた段階で「いける!」と感じました。でも、とても高くて1ヶ月に2万円もかかります。

最初は清水の舞台から飛び降りる覚悟で買いましたが、2回目3回目ともなると家計にも大きく響きます。何となく敷居が高いので皮膚科でのレーザー治療は敬遠していましたが、毎月2万円もかかることを思えばかえって安上がりかもしれません。肉割れを消すクリームとレーザー治療、どちらを選ぶかで女心は揺れています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です